「しょぼい起業で生きていく」の要約まとめ・感想レビュー/お金をかけずに起業しろ!

どうも、高寺です。

「えらいてんちょう」こと矢内東紀氏著の「しょぼい起業で生きていく」を要約しながら紹介していくで。

この本は一言で言えば、「リスクを最小限にした起業術で成功する方法」を紹介してる本やな。俺も元々、公務員で組織の体質と人間関係に嫌気がさして起業したクチやねんけども、安定志向でビビリなもんやから、できるだけリスクを抑えた起業を選んでん。

だから、この本は共感する点がむちゃくちゃ多い本。

要点をまとめていくで。

えらいてんちょうのしょぼい起業術

この本と世の中の成功法則本とで大きく違う点は、大企業をつくって大きい利益を生み出していこうという夢や希望、情熱に満ち満ちた起業術ではなくって、自分が生きていくために必要な利益を生み出せればそれでいよね!というスタンスである点。

そんな世の中を動かしてビッグになろうぜ!ってノリじゃないところが個人的には共感ポイント。

嫌いなヤツと付き合う必要なんてないし、人生一度きりなんやから自分でいつ何をするかを自分で決めて自由に時間を使えばいいし、気の合う一緒にいて落ち着く家族や仲間と心穏やかに生きられるくらいのお金を手に入れたらええんよな。

幸せってそういうなんでもないごくごく当たり前かのように流れている日々の暮らしの中にあるんやしな。

実際、矢内東紀氏はYouTubeチャンネルを発見してから知ってるんやけども、奥さんとお子さんと日々穏やかに暮らしているようでめちゃ好感を持てたで。

 

彼が提唱する「しょぼい起業術」とは何か、具体的に以下見ていくことにしよう。

 

生活の資本化

ふだんの生活でやっていることからビジネスにつなげるっていう発想や。

例えば、大学生が電車で通学移動中にカバンに野菜を詰め込んで、通学途中に売るという例が本では挙げられてるで。これを「生活を資本化する」と彼は表現してる。

正直、具体例として微妙じゃね?と思ったけどww、発想はおもろいよな。

 

要は、仕事してる感覚をなくして、ごくごく日常の流れでお金を稼ごう。ということと俺は理解したな。わざわざ感が出ると、基本的に人間はめんどくさがりやから、行動せえへん。

ならば、日常生活の中でマネタイズ【=お金にすること】してしまおう。ってことやな。

 

俺の場合で言うたら、お酒を飲むんが好きでな?居酒屋でハイボールを飲みながら、1回いくらでお金をもらって、どうやってビジネスをつくっていくかをアドバイスするって感じかな。

 

小資本で起業する

「起業する」と言ったら、多額の軍資金が必要なイメージがあると思うんやけども、そんなことはない。工夫次第でどうにでもなるで。

えらいてんちょうさんの場合は、家賃10万円以下の自宅兼店舗でリサイクルショップを運営してるねんけども、初期投資は50万円。これくらいやったら、学生でもアルバイトでつくれる金額じゃない?

 

俺の場合は、PC1台で「アフィリエイト」っ呼ばれるビジネスで起業してん。アクセスが集まるブログメディアを構築して、そこから広告収入を得るビジネスモデルで起業したんが、一発目のビジネス。

当時はまだ23歳、公務員1年目で実家暮らし。えらいてんちょうと同じく、自宅起業や。ブログを立ち上げるのにかかった金額は月々で換算するとたったレンタルサーバー代とドメイン代の月々たったの千数百円。

その他、ビジネスの勉強として教材を購入してんけども、それとPC合わせても合計で10万円もいかへん。それで、当日の月収約20万円の2倍の月収40万円も稼げるようになったから、インターネットの可能性って無限大やな!って思ったわ。

 

従業員は雇わなくてよい

えらいてんちょうさんの場合、リサイクルショップの運営に際して、従業員を雇うことなくお客さんにお店の仕事を手伝ってもらう仕組みづくり構築に成功したんよ。

お客さんに手伝ってもらうってすげーよなw

 

具体的にどうしたか。って言うたら、

  • 無料でモノをあげる
  • 休日をつくることなく常にお店を開けておく

といったこと。

 

リサイクルショップ内のモノを無料でプレゼントすることで、「何かお返ししたいな」という気持ちになって、お店を手伝ってくれたり、お店を常に開けておくことで、お客さんのたまり場nなって、居心地のよい場にするために、お客さん自ら掃除をしたり、接客をしてくれたりするんやと。

「そんな、うまいこといくかー!?」って正直思うけど、もうこれは彼の人望がなせる結果やろなw周りから慕われてる人物なんやわ。

 

アルバイト・社員を雇ったら、人件費がバカにならんのよな。給料だけでなく、社会保険料ってのがこの国はホンマに高い。

今では2人、俺も雇ってるけども、起業独立当初は0人。社員を雇わなくていいビジネスモデルを選択したらええねん。

 

広告宣伝費は不要

えらいてんちょう氏は、人件費だけでなく広告宣伝費も不要と言ってるで。

何かモノ・サービスを売ろうと思ったら、お客さんを集めてこやなアカン。そのために、広告宣伝費は普通は必須やねんけども、彼の場合SNS、YouTube等でおもしろい情報発信をして、広告費無料で集客に成功してん。凄腕や。

 

俺の場合はどうやったかと言うと、ブログ記事を書いてユーザーからアクセスを集めて稼いでたから、広告宣伝費はまったく無し。完全無料での起業に成功したわ。

このブログとは別のメディアやねんけども、記事を投稿して何もしなくてもユーザーアクセスが集まるようにメディア仕組み構築が完了したブログから毎日、広告収入が入ってる。ありがたい限りや。

「ビジネスするなら。広告宣伝費は必須」ってのは固定観念。ビジネスモデルの選択構築を工夫することやで。

 

とにかくお金をかけずに起業する方法はないかを考える!

えらいてんちょう氏は、とにかく初期投資費と毎月の固定費をかけない起業術を徹底してるんよな。

リサイクルショップの他にも、学習塾に喫茶店、BARに語学教室まで起業成功してる。どれも、立ち上げにお金がかかりそうやけども、潰れかけのお店を譲ってもらったり、投資家から融資を受けたり、仲間にフランチャイズ権を付与して起業成功してるわ。

運営も、お客さんにSNSで宣伝拡散してもらったり、とにかくコスト意識がスゴイ。

もちろん、その裏ではきちんと周りの協力をもらうために、人と人との付き合いをしてる。価値提供をしてるんよな。だからこそ、周りが動いてくれるってわけ。

商売・ビジネスも人間関係が基本。

ずっと忘れずに覚えとかなアカンことやな。

 

まとめ

「しょぼい起業で生きていく」と言ったら、誰でも楽に簡単に起業できて成功するって思いがちやけども、そうじゃない。

当たり前に努力が必要や。もちろん失敗する可能性だってある。

えらいてんちょう氏も本の中で、そう言うてるで。

それでも、またいくらでもやり直せるようにリスタートできるように、少ない資本で起業することをオススメしてるってわけやな。めちゃくちゃ合理的な起業術やわ。

 

少しでも「楽に簡単に稼げる」って気持ちでこの本を手にとったんやったら、詐欺師に騙される体質やから要注意やで。

俺のメルマガでも紹介してるけども、「あなたにもできます!成功します!」つって起業塾や副業コンサルティング費用を騙し取られてるパターンは後を絶たへんねん。

「自分は大丈夫。そんなのには引っかかりはしない」と思ってる人間ほど危ないで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.